ブランド食器 売る

中古ブランド食器を買取り専門サイトで宅配で売ることにしました

収納場所を確保するために

不用品を買わないようにしても、長年同じところに住んでいると、どうしても物が多くなってしまいます。

 

「いつか使える」と言う考えが少しでもあると、物が貯まる一方です。

 

 

 

その代表格がブランド食器です。

 

 

フェリシータ

結婚式に出席する度に増えていく気がします。

 

家で使いたくても家族の人数分ないから、棚の奥に入ったまま。

 

 

 

記念の物だし、簡単には捨てることができません。

 

それに、なんと言ってもブランドってことで値打ちがある。

 

 

 

でも、これだけなくなればかなりのスペースは確保できるし悩むところです(@_@;)

 

 

 

リサイクルショップに持ち込んでも、二束三文の金額で買い取られることを考えると持ち込む勇気が出ません:(*´////`*):

 

 

そんなブランド食器がこの度、またまた増えてしまったので本気で処分することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

捨てるのはもったいないから、少しでも高く売る方法を模索

 

私は少しでも高く売れるならと質流れに持っていきました。

 

しかし、鑑定する人がお皿への知識が乏しく値段が付けられないと言われて諦めました。

 

 

私が持ち込んだのはお皿では有名なブランドですが、質流れでは相手にしてもらえませんでした。

 

 

 

ダンスク

ある日、町内会で役員の人と廃品回収をしているときに、ダンスクブランドの食器が捨てられていたのです。

 

 

廃品回収の係の一人が「お皿、持って帰ってもいい」と聞くと、みんなは「捨ててあるものだから、持って帰れば」と、その人がお皿を持ち帰れるようになりました。

 

 

 

 

廃品回収が終わり、その人とは帰り道が一緒だっだから、家に結婚式の引き出物でもらったものがたくさんあるから、「使ってくれるなら譲りますよ」と声をかけたんです。

 

 

 

そうしたら、その人は「食器専門買取りサイトに売るんですよ。結構いい値で取ってくれますよ」と声が返ってきたのです。

 

 

 

 

どこのサイトなのか詳しく話を聞き、私も家にある食器の買取りを依頼してみました。

 

 

 

 

 

そのサイトがコチラ⇒食器買取 福ちゃん

 

 

 

 

LINEを登録するかメール送信ボタンから、個人情報と売りたい食器の写真をアップロードすれば、査定依頼が終了です。

 

若干、食器の写真を撮るのが面倒でしたが、私が送信までにかかった所要時間は5分ほどでした。

 

 

 

 

しばらくすると見積金額の連絡が届きました。

 

そんなに期待してはいませんでしたが、家にしまってあった食器を全て依頼したので結構な金額が提示されました。

 

 

 

その中には使用したことのある食器も依頼したのですが、中古でもブランド食器ということで買い取ってもらえるようです。

 

 

 

 

 

見積もってもらった食器を送る

 

 

翌日には段ボールとクッション材や買取り申し込み書が送られてきました。

 

宅急便

ダンボ−ルに見積もり依頼した食器を入れて、書き込んだ申し込み書と免許証のコピーを入れて宅急便に連絡して取りに来てもらい完了です。

 

 

 

後日、電話で買取り金額を報告してくれました。

 

普段なら知らない番号の電話には出ない私ですが、何度も電話してくれたので、なんとなく査定依頼の電話とわかりました。

 

 

 

 

最初にメールから依頼したときの金額は正確ではなく、おおよその金額なので食器を送って初めて買い取ってくれる金額が査定されました。

 

 

 

私も場合は、提示された金額と全く同じだったので、査定する人によって変わるかもしれません。

 

 

 

その査定額に納得できれば正式に買取りしてもらえ、お金が振り込まれます。

 

 

 

これらの作業が面倒なら、見積もり依頼の時に出張でお願いすれば、査定から買取りまで電話1本でやってもらえます。

 

私のように、買取りしてもらう数が多いときは出張でお願いしたほうがいいようです。

 

出張範囲も沖縄以外は来てくれるみたいですよ。

 

 



 

 

 

 

いつか使う=多分使うことがない

 

 

こんな方程式が成り立って、使わないものが家の中にたくさんあります。

 

こうやって買い取ってくれるところがあるのは嬉しいですね!

 

 

 

だって、普通に捨てるとただのゴミですもの。

 

 

 

食器以外でも「使わないだろう」と思うものもたくさんあります。

 

 

そんな使っていない物を捨てるときには、お金を払って捨てる時代です。

 

 

 

 

P.S いつか使うつもりでも、使わなれば、それはただのゴミ。

 

 

 

ホーム RSS購読